あなたの注意が向かう場所はどこ?

あなたの注意が向かう場所

 

あなたは今から、高いビルの上からジャンプしなくちゃいけない。

下には、安全ネットを手に持ち、あなたを受け止めようとしてくれている男女3人。

 

そこに、どんな注意、どんな不安や恐怖がある?

思いつく限り、書きだしてみて♪

 

そもそも高いところにいること自体が怖いじゃないか!という人もいれば、

安全ネットを持っているのが「人」というところが気になるかもしれない。

安全ネットを持っている中に女性や力のなさそうな人がいるのが気になるかもしれないし、

安全ネットを持つ人数が少ない!と感じるかもしれない。

失敗したら痛いかな?どうなるかな?という怖さかもしれないし、

もしかしたら、何が不安なのか、何が怖いのか、わかってないのかもしれない。

逆に、不安や恐怖はない、いってくるわ!とジャンプできる人もいるかもしれない。

 

今、ふとイメージされたあなたの注意の向う場所、不安や恐怖。

 

それは、

あなたが何かにチャレンジするとき、

新たな世界に足を踏み出すとき、

経験したことのない1歩を踏み出すとき、

意識の向う側面でもあるのかもしれないね。

 

チャレンジすること自体がとてつもなくストレスに感じていたり、

「人」を信頼することが怖かったり、

一人一人の能力にジャッジをしていたり、

それを取り巻く環境に不足を感じたり、

リスクをイメージして不安になったり、

本当は、理由なんてないのかもしれない。

 

あなたは、ジャンプする?

または、あなたが「これさえあればジャンプする」と思える、

ジャンプするために必要なものはどんなもの?

 

関連記事一覧